オリジナルTシャツを作るメリット・デメリット

“オリジナルTシャツは部活動や大学生などが入るサークル活動、社会人等になってから入るスポーツのサークルや同好会、同じ趣味などで集まった仲間内などで作られることがよくあり、特に若い世代を中心として人気を集めています。また場合によってはオリジナルTシャツを制服として起用している飲食店や販売店なども多いです。オリジナルTシャツを作るメリットはまずチームやオリジナルTシャツを着用するもの同士の一体感が生まれるという点です。同じオリジナルTシャツを着ることで互いに仲間意識が生まれる他、周りから見ても同じチームや仲間なのだと一目でわかる目印にもなります。また他にもオリジナルTシャツを作ることでその場が盛り上げることができ、さらに思い出として残すこともできるというメリットもあります。

オリジナルTシャツを作るデメリットとは

部活やサークルなどの仲間内で作られたり、飲食店の制服としても使われたりすることが多いオリジナルTシャツは、仲間内の一体感が生まれやすいことなどから人気を集めていますが、実はオリジナルTシャツを作ることはメリットだけがあるわけではありません。オリジナルTシャツは作るデメリットはまずコストがかかってしまうという点です。オリジナルTシャツは業者に依頼し作成することが多いです。しかしこうした業者に依頼する場合、Tシャツの代金の他にプリント代や場合によってはデザイン料等がかかる場合もあり、大量に発注することで価格を安くできる場合もありますが、1枚あたりの単価が高くなりがちです。また細かいイラストはうまく印刷できないこともあり、理想通りに作成できない可能性があることもデメリットであるといえます。

他にはないオリジナルTシャツの作り方とは

オリジナルTシャツを作りたいと考えた場合、どのような方法で作成したらよいのか悩む人も多いでしょう。大抵は専門の業者に依頼をかけることが多いです。こうした専門の業者に依頼をすることで、イラストや文字などをきれいにプリントしてもらうことができます。しかしクオリティが高い分、コストも高くなってしまいます。また似たような仕上がりになってしまう場合もあります。他にはないオリジナルTシャツを作りたい場合はタイダイ染めがおすすめです。タイダイ染めは自分でも行うことができあらゆる模様を作ることが出来、業者に依頼するものとは異なり、他にはないものを作ることができます。同じ模様を作ることは出来ませんが、同じ色や模様を使うことによって、同様のオリジナルTシャツを作ることができます。